WordPress
  
【ワードプレスと私】
  

  
このページには、

・習得できなくてもいい。
・気が向いた時に自分にとって程良い程度で。

ここら辺の、ゆるい感じを大事に、ワードプレスについて学んだことを、【ワードプレスと私】という形で、主に近況報告から抜粋し、記録として残しています。



  

【ワードプレスと私(第一回)】

「ワードプレスってブログエンジンがあるんだけど、それを組み込んでくれないか」という相談を受けて、ワードプレスという存在を知った。

「適当にやってみてくんない?」というレベルで承諾したので、思考のループに彷徨ったら進まないから、この近況報告で、気の向くままに少しずつ進めてみようと思っている。承諾したレベルに見合っているはずだ。

とりあえず、今回は、ワードプレスという存在を知った、ということで。



  

【ワードプレスと私(第二回)】


ワードプレスの周辺事情として、サーバーとPHPの知識があるとワードプレスの理解がスムーズに進むことが分かった。



  

【ワードプレスと私(第三回)】


サーバー設定情報を手に入れ、微量、進んだ。
(サーバーにデータをUPするためのツールはFFFTPでいいのか?それとも他のツールがいいのか?)など、思った。
PCのツールからサーバーに接続した経験が皆無に近いので、五里霧中になりがちなのだが、五里先は見えなくてもいいんで、ちょっと先が見通せるよう、対処したい。



  

【ワードプレスと私(第四回)】

『PHPとは、何ぞや?』

ワードプレスについて調べていたら、いつの間にかPHPについて調べていた。何を言っているか分からないと思うが、おれも何をされたか分からなかった…というか、ポルナレフのセリフ、次のテストまでに暗記しとこうかな(テストなんて無いけどな!)。

まぁとにかく、ワードプレスやPHPに疎い現時点での自分の知識および経験量だと、暗い部屋の中、ライトのスイッチがあることを願いつつ、手探りで探している状態だ。

で、どうやらPHPってのはHTMLに組み込んでWebページに動的反応を作り出す道具のようだ、と分かった。

そんで、今、PHPについて理解を進めようとしているんだけど、横文字でツールの名前がビシバシ出てきて(何のこっちゃ?)となりかけているところ。そういう時は「自分の守備範囲で例え話にしてしまうと、ザックリおおまかに理解できる」ってのを知ってるんで、そうしてみる。

えーっと「PHPってのはツールで…HTMLって箱の中にある、誰もが触れる動くオモチャ」みたいなモンらしい。うぅ〜ん、なんだかイマイチ分かんねぇ!…もっと身近に引き寄せて考え…そうだ!時計だ!冷蔵庫だ!!

HTMLを「基本的には動かず固定されている部屋や家」だと考えると、PHPっつーのは「部屋の中にある時計や冷蔵庫、洗濯機などの家電製品」みたいなモンだってことになる。

なるほど、それは便利そうなツールだな。

ブログのサイドバーで、しばしば見かけるようなプラグインだったり…というか、ブログのコメント欄やトラックバックのようにサイト(ブログ)オーナー以外の閲覧者も外部から関わることのできる装置、つまりは家や部屋に訪れた友人・知人それから知り合いなどがテレビのスイッチを入れてニュースを見たり、冷蔵庫を開けて冷えているモノを手に入れたり、そういう感じなのか。

HTMLという家の中にあるPHPってのは、その家を住所にしているわけじゃないけれども、その家に訪れたりした人が、オーナーの許可を得て(もしくは雰囲気などから許可を得ずにも)いじくる対象になる家電製品みたいなモンか。家電製品ってよりかは、家電製品の仕組み、の方がより近くなるかも、だな。

そうすると家の中にあるコメント欄での距離感違いについても「冷蔵庫の中のモノ、飲むよー(部屋に招いた…てか友だちなんだから…の前に、この部屋の具合や性格だと、冷蔵庫の中のモンくらい勝手に開けて飲んでもいい感じじゃねぇ?)」っていうフリに「ちょっ、冷蔵庫、勝手に開けんなよ!(部屋に入れることは入れたけど半ば強引に入ってきたじゃん。で、何の了承も無く冷蔵庫開けて中のジュースとって飲む…えぇ〜??!!友だちならまだしも、キミとぼくとは友だちってワケでもないよね?)」っていう風に分かるし、なるほど、PHPはHTMLの中の家電製品みたいなモンだな。

「ワードプレスについて、よく分かんねぇ」から「ワードプレスってのは持ち家や借家みたいなもんで、その持ち家や借家内に、動的なツール…つまりは家電製品があると便利だよね。ニーズにあった家電製品があると、さらに便利じゃない?家電製品、持ってくることも可能だし自作することも可能だよ。だからワードプレスって住居…てか入れ物(仕組み)を手に入れることを調べたり考えたりしてると、部屋の中にあるPHPっていう家電製品のことも自然に考え始めるよね」程度には理解が進んだ。

ワードプレスは持ち家か借家か、外壁はどうか?内装は?っていう感じの、住居形態みたいなモンなワケか。なるほど、ぼんやりとではあるけど、少しは分かったぞ。

ワードプレスやPHPについて、ほとんどチンプンカンプンな現時点で、暗い部屋の中にライトのスイッチがあることを願いつつ手探りで探してみたら、幸いスイッチがあって、蛍光灯の豆球…のさらに何分の一か程度のぼんやりとした明かりが点いた。

今、そんな状態。



  

【ワードプレスと私(第五回)】

頭が痛い。頭が痛いよ。

やることは、ワードプレスの導入。

今、時間を使っているのは、サーバって何?MySQLって何?PHPって何?BASICやC言語やHTML言語とは、また違った言語との出会い(何コレ?何この言語?コワイ)、とか、そういうの。ワードプレスよ、どこ行った?な状態。

レンタルサーバー次第では、ワードプレスの導入手順やら簡単インストールやら、イラスト付きで懇切丁寧に描かれていて(おやおやカンタンですな)と思えるのだけど、ワードプレスの導入先として頼まれたサーバは、何というか…玄人好みな仕様。

「ワードプレス導入、サポート体制万全!」なレンタルサーバーを学校で受けたテストの穴埋め問題だとすれば、今、向かい合っているレンタルサーバは「1+1=2であることを証明しなさい。」という問題文だけがあって、以下白紙…みたいな状態。ハードル高すぎるよ!「サーバの知識なんて元からサッパリありません!」なおれにはキツすぎるよ!ServersMan!!

何なんだよ!マジ何なんだよ!?MySQLって!!?VPSってさぁぁぁっ!!?

ワードプレスのインストール手順で出てくる単語の半分以上が分からないって…何なんだよ!!何なんだよ、これっ!!

おれ、このワードプレスの導入を乗り越えたら、オプション効果で、サーバやコンピュータ言語のスキルが上がってると思うんだ(はぃ!フラグ立ちましたぁー!!)。乗り越えられるかどうか分かんねぇけど。

分からん!分からん!逃げ出してぇ!!

その反面、今やっていることが、低レベルというか…マッッッゾい制限をかけてゲームをプレイする感覚と似ているので、ハマれば、マジでドツボにハマりそう(エンドレスでいろんなことを覚えていく感じ)。

えーっと、ここまでの話…というか第五回を要約すると「ワードプレス導入に、もがき苦しんでいる」ということで(さー、続けて、もがくぞ!もがき続けるぞ!!うわぁーん!!)。



  






押すと戻る