2008年4月
 
<4月29日>

刈り上げました。THE・五厘。



 
<4月28日>

風邪をひいたみたい。
ハルヨさん(82歳)のところでタケノコを掘らなくなったからだろうか。
ハルヨさん、ばんざーい!!



 
<4月25日>

今日もハルヨさん(82歳)のところでタケノコを掘った。



 
<4月24日>

ハルヨさん(82歳)とのタケノコ掘り、一回休み。



 
<4月23日>

今日もハルヨさん(82歳)のところでタケノコを掘った。



 
<4月22日>

今日はハルヨさん(82歳)のところでタケノコを掘った。



 
<4月18日>

昨日、肩こり解消のために行ってる施設での話。

施設に入る前に、軽トラの電気がついてるのを見かけた。ライトの前に手をかざしたら、手の甲の色味が変わった。施設に入って、語尾に笑い声を足す受付の人に伝えた。名前は知らない。覚えたくないから覚えない。だって、受付やってる人間なのに利用者のおれに作業ついでに尻を向けて挨拶したことがあるから。意味が分からん。そんなんでいいならおれだって受付できるよ。「ルールを守ってる万人が気持ちよく施設使用をする手助け」らへんが受付の仕事だと思うし。それならおれ、イベントとしてはできそうだけど、日々は受付できそうにない。てか、話が逸れた。

まぁ、受付としては意味分からん人間でも、日本語でのやり取りはできるみたいだから、軽トラのことを伝えた。

で、施設年間使用カードを財布から取り出そうとした時、利用者に尻を向けて挨拶をしたことがある人間は、作業しながら目も合わせず流すように「ありがとーございあーす」と礼(?)を言った。

館内放送後、片足を引き摺った旦那さんと奥さん…老夫婦がその軽トラの持ち主だったみたいで、外に出て行かれた。おれも、出て行った。

「施設の受付をしている人間が、利用者に対して作業をしながら尻を向けて挨拶をする。」

ここから、「その受付の人間は挨拶を作業の一つと捉えている」ことが見える。ということは、利用者はその人間にとって「作業としての対象」である。作業としての対象であるということは、受付をやっているその人間は、根本では、「利用者を人ではなくてモノとしてみている」節がある。

今回の、作業の合間に利用者と目も合わせず流しながらの「ありがとーございあーす」は、果たしてそれは感謝なのか?

感謝の言葉っぽいのが出たから感謝とも捉えられるだろうし、「ありがとーございあーす」と言われたおれはそれは感謝だと思えないから感謝ではないとも捉えられる。

さあ、どうしたもんだろう。ゆったりと思考して、納得行く視点を見つけにかかるか。



 
<4月17日>

今日、ハルヨさん(82歳)のところでの話。

「アタ、たけのこはいらんナ?」
「おぉっ!余ってたら、よければっ。」
「そがんな。じゃ、掘っていきなっせ。」

家の裏に生えてる筍を5本ほど掘る。(竹が旬な時だぜ!)←ハイハイ。
庭先で、焚き物からモクモクと上がる煙を見ながら、座ってハルヨさんと談笑した。

「アタは一生懸命だけん、よぅなるよ。」

ハルヨさんのコトバは、なぜだかスッと入ってくるんだよなぁ。往生したおれのばーちゃんに似てるからかなぁ。

地べたに正座して土下座並みに頭を下げた。顔を上げたらハルヨさんが微笑んでいた。
なぜだか、これからがうまくいきそうな気がした。

ハルヨさんから貰った…というか、掘らせてもらった筍を、仕事先のおばちゃん、コンビニに勤めてるコクボさん(50歳くらい・元料理人パチンコで散在するタイプ)、アラキさん(女性施設員)に渡した。

昔は頭で理解して渡してたけど、今は、頭で理解して、気持ちが乗っていたら渡してる。

未来がよくなる気がした。ま、杞憂かもね。



 
<4月15日>

久しぶりに見たテレビは広告に溢れていました。



 
<4月13日>

30才に近いおれ、友だちのお母さんから買い物を頼まれた。

「ケチャップ買ってきてもろうてよかね?」
「はいぃ〜。」

他にもいくつか買ってきて欲しいものがあるみたいで、メモを渡された。
メモの「ケチャっプ」を見て、(かわいいな)と思った。




 
<4月12日>

友だちに、シャンプー切らしたんで『TSUBAKI』を買ったことを伝えたら、「資源の無駄だな。」って言われた。


全くもってその通りだと思った。



 
<4月11日>

健康施設で使ってるシャンプーを切らしたんで、新しく「SHISEIDO TSUBAKI」を購入しました。

「日本の女性は、美しい。」っていうキャッチコピーがかかれたシールを見て、(どこに向かってるんだろう、おれは。)って思いました。

おれ、男だし、五厘だし。



 
<4月10日>

2000年ほど前に、キリストさんが、他人に危害を加えている人に向けて言ったらしい「今まで一度も悪いことをしたことがない人はやりなさい」みたいなことの応用してみた。

「いじめられてる子を助けなさい。」的なことを、大人をやってる人間が子どもをやってる人間に向かって言う時、街中でヤクザが一般人に向けて銃口を突きつけている状況で、自分なら止めに入るか?入れるか?を一度イメージしてから言って欲しい。

こう、思った。



 
<4月9日>

【日常をチェックするのに便利な視点(自分用)】

今やってる人生が、
一週間後で終わるとしても、日常、続ける?

今やってる日常が、
永遠に続くとしても、人生、続ける?

この両方に「うん。」と言える人生なら、とても幸せだ。




 
<4月7日>

一昨日、中古のカブ号を買いました。安西先生、…10万円近く飛びました。(三井くんな感じで)



 
<4月6日>

みなさんお元気ですか? ぼくは五厘です。(5分前に刈り上げました。)



 
<4月5日>

数日前、健康施設員のトナミさんと、「スティーブン・セガールと藤岡弘、とどちらが強いか」で5分くらい盛り上がった。
至極どうでもよかった。どうでもいいからすげー楽しかった。藤岡弘、「、」を付けるおれ律儀ぃー。



 
<4月4日>

理不尽と不条理の大まかな違いについてスッキリしたんで残しとこ。

理不尽:人間から受けるもの。
不条理:人間以外から受けるもの。

おれ、理不尽だと感じると「ウガァー!」ってなって、不条理だと感じると「ああぁ…。」ってなるのがすごくスッと納得できた。



 
<4月3日>

宇宙と心は似ているな。端っこが分からないとことか。



 
<4月2日>

人生を余生だと捉えたら、ほんとにやりたいことが分かり始めた。



 
<4月1日>

どうやらおれはタバコの煙の充満する部屋にいると頭痛がするようだ。で、食ったモノを戻すみたい。ウゲェー。







最寄りの近況報告へ