2009年2月
 
<2月27日>

【たまに言いたくなるフレーズ】



アニキと言ったら哀川翔。





 
<2月26日>

【雇われる以外の表現方法】

友だちが立ち上げるという工場(ていうよりファクトリーっつった方がハイカラだな)もとい!友だちが立ち上げるというファクトリーに、その友だちから「おれに雇われないか?」と誘われた。仕事内容は後ほど伝えるとのこと。何を生産するんだか。(工場といっても文書作成作業はあるワケで、そういう類の業務なのだろう)と予測している。

はて、困った。

おれは食いつなげる分以上のお金に対して極端に興味が無い。働く理由が、その極端に興味の無いお金になると、それはもうものすごい苦痛だ。友だちの手伝いはしたいのだが、金銭に使役されるのは勘弁して欲しいのだ。ああ、我ながら、変。だけど、おれのホントがそうなのだから、仕方がない。治療方法がないのだ。

治療方法が無い中で、解決方法を探る。

・興味の無い部分のお金に働かされたくはない。
・おれの持つ能力の何らかが友だちの役に立つのなら、できる範囲で役に立ちたい。

命題は、ザックリこの2つかな。一見、相反していそうだから、矛盾していそうだから命題になっているタイプと把握。

さぁ、どうやって解決しようか。

雇われることで生まれるシガラミや責任などが追ってくるのはNO。
おれが活動することで友だちの時間や労力が浮くのはYES。

友だちの時間や労力を浮かせたおれの行動へ対価が支払われるのはYES。
支払われた対価で責任が発生するのはNO。

さー、解決解決。

友だちとおれとの間で生まれる対価(別に金銭じゃなくてもいい。人の温かさが感じられたりすることならとてもグッドだ)を工場の経理外から支払ってもらう。

・例えばその友だちにとって(コイツは気分のいいやつだ)な人を紹介してもらうとか。

(だったら、別に雇われなくてもいいんじゃねぇか?別の視点があるんじゃねぇか?雇われる以外の表現方法、あるんじゃねぇか?)

パン!と出てきた参加する

「工場の一員になる。」


(これだったら経理の蚊帳の外にいられそうだな)と、思った。

「雇われない形で、自分の持つ能力を提供し、友だちの時間や労力を浮かすこと」できるわな。
責任も金銭もいらん。おれにできる範囲でよければ友だちの時間や労力を浮かしたい願いある。金銭以外で対価が支払われるのカモン。お互いが納得できる形なら、対価が金銭である必要は無いんだし。

金銭は責任を象徴する。

責任の象徴からは遠ざかりたい。友だちであるハルヨさん(83歳)との間の「野菜」と「納屋の片付け」みたいなある種の物々交換だと、おれは楽しくやっていける。そういう形をどうにか表現できないだろうか…おれの支払った時間や労力に対して金銭以外の対価が発生する。これだと「時間・能力・労力」と「金銭もしくは金銭以外の対価」とで責任から遠い形である種の物々交換が成り立ちそうだな。金銭と責任とを切り離せば解決するわけだし。一個アイデアがある。(近況報告に書くか?…いろんな人が見てるからそこはカットオフ。「書かないことはウソをつくことではない」は、成り立つ。YES!)

≪一見相反する命題≫
・興味の無い部分のお金に働かされたくはない。
・おれの持つ能力の何らかが友だちの役に立つのなら、できる範囲で役に立ちたい。

≪命題に対する現時点でのおれの答え≫
雇われるじゃなくて、参加する。
雇われるじゃなくて、工場の一員になる。

さて、通るのか。まあ、聞いてみよう。

治療方法はなくても、解決方法は(やっぱり変になるけど)あった。通るかは分からん。伝えてみたら結果は出る。通ったらそれで了。通らなかったまた別の解決案を提出すれば先に進む。それでよし!




 
<2月25日>

【誤作動しているのはどっち?】

日頃通っている健康施設のトイレに次のような貼り紙がしてあった。


「トイレで、タバコは吸わないで下さい。火災報知器が誤作動します。」

見る度にモヤモヤしたものが胸に広がるも(まぁ、健常者に分類される人のほとんどには気にならないことだろうし、言うの控えよう)このような判断をしてある意味耐えていた。

このところ、細部への注意→注意への切り替え困難→コミニュケーションに難アリ発動→社会的スキルの低さ露呈(自分に不本意でも周りに合わせることに対して「知るか!」となる。普段は抑えている)。

困った意味でのトラブルメーカー的な覚醒寸前だったので、交流のある施設員の人に言った。口頭では意図していることがなかなか伝わらなかったが「口頭で伝わりにくいことは文章にすると自分の気持ちが伝わりやすい」という人生経験byおれで得た手法を選んだところ解決した。「快」体験だったので、近況報告にも残しておきたくなった。残す。ここから本題。


〜施設員さんに手書きで提出した書類に似せて〜

※ここから

「トイレの表記」


トイレで、タバコは吸わないで下さい。火災報知器が誤作動します。


「トイレで、タバコは吸わないで下さい。」について欠けの見える部分。

(トイレを一歩でも出たら、吸っていいのか?)と思う人が、10人中2人くらいいると思う(そういう風に言っていた人を幾度も見た人生経験より)。

<対処案>
1α.「トイレで」部分を「館内で」に変更する。
1β.「トイレで」部分を「館内(特にトイレ)で」に変更する。
≪補記:トイレでの禁煙を強調したい場合は1β案。トイレ部分の文字色を変える等の工夫も含む。≫

「火災報知器が誤作動します。」に対する意見。

火災報知器は『火災の元になるを察知し、警報を鳴らす』という本来の役割を果たしているので、誤作動ではなく、正常に作動していると思う。

トイレでの喫煙を元に火災報知器が鳴り響くことで何が困るかというと、通常通りに禁煙施設を使用している人が迷惑を被ることだと思う(スタッフ、利用者、清掃の人、施設利用に関わる全ての人)。

<対処案>
「火災報知器が誤作動します。」部分を「火災報知器が作動すると、多くの人がビックリします。」などに変更する。
≪補記:ビックリするを公的掲示物に見合った表現に切り替えて下さい。迷惑だと見た目がキツイと思います。≫


※ここまで

で、ここからは「何でトイレに貼ってあった表記に引っ掛かってたのか?」について(ぼんやりと思ってて「あっ!分かった!あー、なるほどねー」と自分自身納得した。)。
「誤作動」と表記した人の心根を見せられた。その心根はおれにとって好ましいものではなかった。

以下、理由。

「煙を感知して警報を鳴らす」火災報知器は正常に真面目に働いたのに「誤作動」と言われる。不甲斐無い。なぜ正常動作しているのに誤りだと言われなければならないのか?


火災報知器が誤作動します。


このコピーを書いた人物は「自分にとって都合が悪い」ということを「誤っている」と捉えている。「自分にとって都合が悪いということを誤っていると捉えている心の方がむしろ誤っている」と、おれは思う。「自分にとって都合の悪いことは困る」ならば理解も共感もできる。「自分にとって困ることは誤りだ」という考え方には触れたくない。言葉を選ばすに書くと(公の場所で汚い性根をおれに見せんな!公の場所に汚れた心を残すなよ!私的な場所なら「近づかない」という対処ができる。公の場所でやられたら適わんよ!)こんな感じになる。

(それにしても、おれはなんでここまで憤るのだろう?)

変な表現だが、おれは火災報知器に感情移入している。火災報知器という機械が人間の勝手な都合で不当に虐げられていることが歯がゆいのだ。なので、憤っているのだろう。

「タバコの煙を感知して作動する火災報知器」と「自分にとって都合の悪いことは誤りだと考える人間」と、誤作動しているのはどっちだろう?

おれは「自分にとって都合の悪いことは誤りだと考える人間」の方が誤作動していると思う。




 
<2月24日>

【理解はできる。治療方法はない。解決方法はある。】

どうやら自閉症を抱えているおれ。
その時々の気分で波はあるも、

≪自閉症スペクトラム指数≫
・社会的スキル 8点
・注意の切り替え 8点
・細部への注意 10点
・コミュニケーション 8点
・想像力 5点

大体こんな感じ(1項目10点の5項目50点満点で、点数が高いほど自閉傾向にある)。

この頃気づいた「変」や「症状」へのステップと対処方法。

1.自分にとって大事なことに直感的・本能的に気づいてしまい、健常者にとっては些細なそのことが気になってしまう(細部への注意:10点)。

2.注意の切り替えができず(治療方法がない)に気になり続けてしまい、気になっていることに心を支配され、他のことが手につかなくなる(注意への切り替え:8点)。

3.気になり続けている(細部への注意後、注意の切り替えができない)時に、他人からアプローチがあると、アプローチ次第でさらにストレスを感じる(コミニュケーション:8点)。

4.自分の行動が未来ををどう変えるかある程度想像できる(想像力は閾値未満&IQと人生経験を使って論理的に思考で導き出す)ので、ストレスが溜まった状態でのありのままの行動を控える(気になったことと直接関係の無い人に矛先は向けられない)が、自分に落ち度が無いと論理的に判断したら気になる行動をした相手に対しては気持ちを爆発させる。

5.爆発させたら周りから見たらトラブルメーカー。自分の中に抱え込んだら、ジーッとしたり篭もったり能動的に動く行動が減ったりする。いろいろはち切れる寸前の精神状態で物事を解決するために動いたら事態がより深刻になることを人生で経験してきた。そして、自分の存在を使って社会に還元していない状態になる(社会的スキル:8点)。

1.〜5.を治す方法は、無い(自閉症に治療方法はないため)。

で、気づいたことが、ある。解決方法に成り得るかもしれない、対処方法だ。

<対処法1>
1.の段階で気付き気になった事柄を2.に行く前に「解決・解消・取り去る」などして終わったことにする。
<対処法2>
1.で気になったことを他人事だと捉える(おれには関係ない!知らん!)。

<対処法2>は、0か100を好む性質(自閉症の症状で自分に当てはまるなぁと思う項目)のあるおれにとっては0になってしまい「見捨てる」に繋がるので、なるべく控えたい。

2.の段階に進んだら!?
1.の段階で気になっている元を解消する。もしくは、とことん他人事だと捉える(「自分とは関係の無い世界の話だ」という解釈)。

治療方法ないけど『根元を断つ』という解決方法がある。

だから、おれには、『一つ一つを着実に解決していく』というやり方が合っているはずだ。もしくは『過去の事は知らん』と完全に自分と関係の無いものとして取り扱うか。あ、過去形ではなくて現在完了形だと自分と関係があるのか。で、気になり続けるのか。つーことは、今のところの解決方法は、やっぱり『一つ一つを着実に解決していく』これだな。


自分自身が変な性質を持っていることを理解はできて、変な性質…言い換えると特異な性格の治療はできないが、変人である自分に合った物事の解決方法はある。


※自分に合った物事への対処方法※
『同時に複数のタスクに取り組むことをなるべく控える』
『一つ一つを着実に解決していく』


近況報告としてまとめていて(おっ!これおれ成長できたんじゃね?)と思った。




 
<2月22日>

【な?の?】

スーパー用務員。

スーパーの用務員。スーパーな用務員。

(スーパーサイヤ人的スーパー用務員はちょっと魅力的だな)と思った。
(用務員になるにはどういう手順を踏めばいいんだろう?)という疑問が浮かんだので、そのうち調べる予定でいる。




 
<2月20日>

【世界はそれを個性と呼ぶんだぜ】

がんばるためには、がんばれることをえらぼう。
がんばれることは、ひとそれぞれだ。

たのしむためには、たのしめることをえらぼう。
たのしめることは、ひと、それぞれだ。




 
<2月19日>

【うまかった磯辺焼き】

腹が減った状態で、ハルヨさん(83歳の友だち)と会った。

「アタ、餅ば食ていかんな!?」
「アッ、うぇぁ!?…よければー。」
「ちょうど焼いとったモンな。」

直径15cmほどの平たい餅を二つ折りにして海苔を巻いてある磯辺焼きを食べながら、ハルヨさんと話した。
ハルヨさんの野菜がンマいことや、いろいろ、力説した。

「『アタはよーなるよ』ってハルヨさんに言ってもらってから、ホント、人生が好転っちゅーか、よーなってきた気がします。」
「そらそがんだろー、アタは正直かけんが。アタシは今よーなっとるよ。『ウマか!ウマか!』言うちくれたり褒めちくれたりすっ、アタんごたる友だちもできて、今がほんによかー。」
「そら言いますよっ!事実、ウマいですもん。あと、褒めるだなんて、(そんなハルヨさんを上から見るなんて)めっそうもない。」
「褒めちくるる人はなかなかおらんよー。アタは言うちくるっけんが、ほんにうれしかー。」
「人生やってきて、テレパシーじゃ伝わらないのは知ってるんで、言ったり頭下げたり態度に表したり、ありがたいことは、どうにかやって相手さんに伝えたいんで…自分が言われてうれしくなることが心から出てきたら、遠慮なく言うようにしています。で、ハルヨさんからいただく野菜やこの餅やこうやって話すのや、ありがたいんで、そりゃ言いますよ。」
「アリガトねー。らっきょば持っていきなっせ。」
「ア…オッ…、ありがとーございますー。すみません、戸惑うことが多くて。変でスミマセン。」
「楽しかねー。」

新たな来客がみえたようで、らっきょを片手にその場を去った。


言語表現として具体的にまとめることはまだできないが、ハルヨさんから言われた、

『アタはよーなるよ。』

この言葉が、ぼんやりとながら、現実になってきている感じを受けている。




 
<2月18日>

【ズレちゃってるよ】


バレンタインデーから4日遅れて、養護学校に通う男子高校生から、今年もチョコレートを貰った。




 
<2月17日>

【happyneet的な企画】

一つ企画を思いついた。Webにページを持っていたらニート状態で、経済に関わりつつ、物品に対してお金を払わないも、製作者に気持ちと金銭をPayできる企画。

まさにhappyneet的な企画。

見てる人が多ければ多いほど、Payできるのは大きくなる。金銭を使わず、ページと時間と労力を使って、製作者と買い手に気持ちを還元できる企画。対象物をズラせば、自分に合った形を作れるはず。抽象的なことをつらつらと書いてきたけど、まぁ、自分用だし、いっか。



「THE立ち読みレビュー」



(言いたいことをパン!と表現できてるコピーなんかなぁ?)
金はない。時間はある。じゃ、その時間を自分も周りの人もハッピーになるように使ってみようじゃないか。自分の好きなことで。他にもいろいろあるんだけど、腹減ってご飯がピー!と炊けたのでおりゃ飯を食うぞっ!!サラバっ!!





 
<2月15日>

【スリムな道を探して】

学問を好きな人が研究者になるように、体力のある人が肉体労働に適しているように、芸を持つ人が芸人になるように、変人であるおれに合っている道はなんなのだろうか。

仮におれが自閉症を持っているとして、外に出ることは控えた方が理に適っているだろう。

ということは、漫画家、小説家、作家(あ、家がつくのが多いや。家で行動可能…ってところで共通してる。そーゆーことなんだろうな。つーか、このページやブログも家で行動可能だし。能力がプロレベル…てか生計を成り立たせるのに充分な数の人へ金銭を払っても得たい充分な満足を届けることができたらいいのか)…おれにビンゴるの、なんか、ありそう。


スリムな道を探して模索している時はグッチャグチャだな。ま、そりゃそうか。




 
<2月13日>

【パンクで足止め】

数日前に単車がパンクした。トラブルは重なるものらしい。行きつけのバイク屋のシャッターが昼間にも関わらず下りていた。なので、日を置いて単車を押してバイク屋へ行った。(100年に1度の大不況っていうくらいだから、もしかしたら…)と思った後、留守電に伝言しておこうと考えて電話のあるところまで移動して、受話器を手に取った。

バイク屋は社員総出で慰安旅行中だった。

「3日ほど店を閉める」とのことだった。(そーいえば、去年もなんかこんなことあったぞ!?)記憶を辿ろうとしたが、数日後には単車のパンクが直るのが分かったので、それ以上考えることを控えた。(こういうトラブルの時、お金を持ってたらお金で解決もできるんだろうな…)お金を使ったいろいろな解決案が浮かんだ。労力を使った解決案も浮かんだ。時間を使った解決案も浮かんだ。そして、時間を使った解決案を選んだ。

単車もおれも、数日ほど足止めをくらった。

(タイムイズマネーっていうし、経済的な損失したんだろうな、おれ…ま、今回の足止め期間中おもしろかったし、いっか。)

足止めされた状態でも人生をたのしめることを知った。(幸せかどうかっつーのは、案外、気の持ちようで決まるもんなんだろうな)と思った。




 
<2月7日>

【やはりおれは0か100を好む人間のようだ】


またもや五厘刈り。




 
<2月5日>

【紅一点がなぜ目立つのか?】



白鳥の群れにいるカラスは目立つ。



逆の視点からアプローチしてみたら、すんなりと、腑に落ちた。




 
<2月4日>

【こだわり】



ありのままで生きていたい。



おれがこだわっているところを抽象的だけど一行で表現できるようになった。
人間だから「ありのまま」は変化する。その時の「ありのまま」。「ありのまま」が成長という変化をとげれば、おれの「ありのまま」が「ありのまま」に変化して、それが周りの人にとって平和なら、有意義なのだろう。

ありのまま。

「日々努力する」ということがおれのありのままに含まれていたらいいな。
「日々努力する」ということがおれのありのままに残ればいいな。

自らの意思で行うこと、努力。他人に強いられること、苦労。
例えば運動部に所属している人にとっての「10km走る」ということは、自らの意思で行えば努力になるだろうし、誰かに強いられたら苦労になるんだと思う。

「平和に生きる」ということがおれのありのままに含まれたらいいな。
「平和に生きる」ということがおれのありのままに残ればいいな。

おれにとっての平和が周りの人にとっての平和に繋がればいいな。おれは変人だから、おれにとっての平和が周りの人にとっての平和に繋がらない時もありそうだな。そこらへんのチグハグで人生もがいているよなぁ。おれも傷つくし、相手も傷つく。そういうこと、あるよなぁ。ただ「平和である」を望む人は多いだろうし、おれの人生が平和に繋がればいいなぁ。でも生命の危機を感じたら、多分、自分を優先するんだろうな。平和であるには余裕が必要なんだろうな。

「自分勝手である」ということがおれのありのままから薄まればいいな。
「自分勝手である」ということがおれのありのままから去ればいいな。

「ありのまま」と「自分勝手」はそれなりに関係のあるご近所さん。関係を消すのはキビシイだろうな。でもおれのありのままの自分勝手がたまたま他の人の満足に繋がればどうだろう?…よさそうだ。この世界に生まれて30年ほど生きてきて(他のみんなはおれよりもお金好きなんだな。お金に支配されているんだな)と思うことがしばしばあったなぁ。金銭享受を二の次に置くと…おれの個性は置きやすいや…自分勝手でも「場」や「立場」や「間柄」などなど、お互いがお互いの距離感さえ間違えなければ「自分勝手」でもある程度はよさそうだ。例えばこの近況報告だと「渡し手」と「受け取り手」としての距離感。日頃通っている健康施設だと「利用者」と「施設員」としての距離感。「友だち」としての距離感。「家族」としての距離感。

生活をできる…もっと自分の思いに近づけると「食いつなげる分以上の金銭に対しての関心が極端に薄い」…これは家族にとってキツいだろうなあ。

「ありのままで生きていきたい」という強いこだわりの中の「食いつなげる分以上の金銭に対しての関心が極端に薄い」という項目が「家族からの視点だと(家族にとって都合の悪い)自分勝手」に繋がっているんだろうな。


ありのままで生きていたい。


この欲求に近いこだわりを妨げられると人が変わったようになる。
おれの抱えている問題が分かった。
解決するにはさてどうする?


ありのままで生きることが食いつなぐ分ほどの金銭をもたらす。


この状態になれば解決しそうだな。何も大金持ちになりたいわけじゃない。ありのままで暮らしたいんだ。…自閉症を持ってるだろうおれにはハードル高そうだなー。IQのチカラと「ありのまま」と手を取り合いそうな純粋さ…自分勝手さとも近いんだよな…おれの持ってる能力の中で、最も他の人の役に立てそうな部分を探せば解決に繋がるのは分かる。ぼちぼち追っていこう。


自分にできる限りでなるべく多くの人の役に立つ。


ここ数年でのおれにとっての「ありのまま」の精神の一つは、おれにとっても家族にとっても、多大なプラスではないかもしれないけど、微量のプラスにはなりそうだな。

今日も「思考を残すって形の近況報告」になっちゃった。ま、いっか。




 
<2月3日>

【頭の良い人とは?】

中学生時代「勉強していないのになぜか頭の良い人」と言われ続けて気持ち良くなっていたおれはバカだと今なら分かる。
正確には「勉強していないのに頭の良い人」ではなくて「勉強していないのに学業成績の良い人」だろう。
学歴社会という視点だと「高学歴であることを頭が良いと表現する」のは全うだと思う。

学歴社会を包む概念に資本主義社会がある。

資本主義社会という視点で真に頭の良い人とは「快適にお金を稼げる人」だと思う。もっと頭の良い人は「快適に大金を稼ぐ人」だろう。あ、稼げるは可能ってニュアンスを引っ張ってきて、稼ぐは意欲ってニュアンスを引っ張ってきてるや。今、気づいた。
「苦しんでお金を稼ぐ人」はどこらへんになるんだろう?「苦しんでお金を稼がなければならない人」はどこらへんになるんだろう?よく分からない。おれが生活を充分に成り立たせるには、今のところ、幾ばくか苦しむ必要がありそうだ。どうやらおれは学歴社会視点だとそこそこ頭が良くて資本主義視点だと頭が悪いという位置付けになるみたいだ。

資本主義社会を包む概念は、なにがあるだろうか。まだ分からない。

資本主義社会を包むもしくは越える概念で頭が良ければ、金を稼ぐ人よりもさらに頭がいいのだろう…あ、資本主義社会を包む概念、見っけた。

資本主義社会を包む概念に、人類がある。

人類の発展に寄与した人物…ニュートン、アインシュタイン、エジソン…あっ!資本家も人類の発展に寄与してるや。超度級の金持ちも経済面から人類の発展に寄与してるはず。人類という概念に包まれる資本主義という概念内で得た大金というパワーで人類に寄与する。おぉ、成り立つ成り立つ。

他にどんな視点があるだろう?

・人類に音楽を通じて多くの感動や利益をもたらしたジョン・レノン。
・人類にバスケットボールを通じて多くの感動や利益をもたらしたマイケル・ジョーダン。
・人類に絵画を通じて多くの感動や利益をもたらしたゴッホ。

資本主義社会を越えて頭が良い一つの視点として成り立ちそうだ。

共通しているのはなんだろう?

「本人の人生が多くの人(人類)の幸福に繋がっている。」

さて、おれは人類の発展に寄与できるか?
分からん。おそらく難しいだろう。

人類とはそもそもなんぞや?
人という種。人という種が脈々と続くこと。まぁ、こんなところだろう。
(辞書には「人間の同類の総称。生物学的には哺乳類の霊長ヒト科に属する動物の総称。」とあった。)

人類と似た概念を探してみよう。
その中でおれにできそうだと思えることは、多くの人にできそうだと思えること。人類じゃ規模がデカすぎる。じゃ、規模を小さくすれば見つかりそうだ。

集団。

人類は人という種の集団である。「規模が大きい」を組み込んでみよう。

人類は人という種の巨大規模な集団である。かなり近いか。

人類と集団の大きな違いは「人」と「規模」の2点だろうな。「規模の大きな集団」シックリくる。てことは、やっぱ集団って言葉の中での規模の大小の優先順位はそれほど高くはないってことだろうな。

人類から集団に規模をグググっと縮めてみよう。モノの集まりも集団…人という枠内で考えてるから…原始的な集団や資本主義的な集団やその他、いろいろな集団がある。規模は小さくても集団という概念は資本主義社会を越えているかもしれない。ま、集団という概念は資本主義の蚊帳の外にもある、このくらいかな。

ということは、身近な人の役に立つという考え方は、ひょっとすると資本主義を越えるかもしれない。

あ、「頭の良い人」のおれなりの定義、見っかった。



自分の持つ能力を最大限に活かして他人の幸福に繋がる行動をしている人。



規模が巨大だと、きっと天才って呼ばれるんだろうな。

規模の小さいパターンはどうだろう?
頭を使っても体を使っても感情を使っても何を使っても「自分の持つ能力を最大限に活かして他人の幸福に繋がる行動をしている人」は…頭良いと思うや。
例え学業成績が低くてもバーベキューする時に「アイツも呼ぼうぜ!」って言われる人のこと…やっぱ頭良いと思うし。多くの人は「人が良い」と表現するんだろうな。あと「気分のいいヤツ」とか。「一緒にいて気分のいい」という能力を使って…というかその能力自体が他人の幸福に繋がっているワケだし。それを本人は知らず知らずのうちに本能的に活かしている…やっぱ頭いいわ。中学時代どことなく(アイツいいなぁ、羨ましいなぁ)って思ってたのはそういうことかもしれないな。

さて、せっかくだから、自分に置き換えて完結しようか。
生活できる以上のお金に対して周りが驚くほど関心の薄いおれは資本主義を飛び越えた頭の良い人になれるだろうか?他人に感謝される人になれるだろうか?…分からん。

ただ、分かることがある。


自分にできる限りでなるべく多くの人の役に立つ。



言い換えると、


自分にできる限りでなるべく多くの人の満足に繋がる行動をする。



ここ数年で特に意識していることは、どうやらクリアな考え方だということ。




 
<2月2日>

【ひんしゅくをかう】


(「顰蹙」って漢字自体が「ひんしゅく」を買いそうだなあ)と思った。




 
<2月1日>

【クリアな願いに乗って】

この一週間、日頃の肩こり対策を打てずに、頭痛(物理的に)の連続だった。

で、深夜のコンビニで立ち読みしてたら肩こりスッキリ取れた。

ここしばらく、無理して、生きてた。地球には重力があるから負荷(つまりはストレス)が掛かるのは、道理だと思う。物理的な負荷ではなくナチュラルではない負荷。
「自分に自然に生きる」ってのを気にしすぎてたら、そりゃ自然じゃなくなるやろー。
「自分に自然に生きる」に支配されてたんだと思ってる。
で、クリアな欲求や願いにそのまま乗っかって生きていけばスマートやなかろうか、と思ったワケ。

やりたきゃ、やる。
やりたい分、やる。
やれる分、やる。

多少無理しても踏み込みたいなら、踏み込む。

「自分に自然に正直に」を、どこかしら、自分にラクにと捉えている自分がいた。(バカだなー、おれ)と、やっぱり思う。

自分勝手にやっちゃならんやろーけど、好きにやってもいいんじゃないか。

取り留めのない文章になっちゃった感アリアリ。
立ち読みをしていて開けた…つーか脳裏に光明が見えたの、イメージとしてはクリア。(言語表現できるほどまとまっているか?)と問われたら「ちょ、ごめん。まだ」とこたえつつ(まとまってないまま残しとくと後々まとめやすいだろーな。イメージとしてボワぁ〜ンとあるのに加えて抽象的でもいいからその時点での思いのままをまとめた資料的文章があった方がおれにとっちゃグッド。じゃ、残しとこう)とも思ったんで、思ったままに書いてみた。

未来でこれ見たおれ、続きを「自分に分かる具体的言語表現」に近づけてくれー。

こんな形の近況報告、見に来てる人もチコチコいるけど…おもしろいの?ま、無理にガンバッテも痛々しいだろうし、特に何も考えんとツラツラ書いてこーっと。
ん?ナニ?ガンバッテもガンバッテなくても、どちらにせよ痛々しい!??Oh,Noぅ、そういうことは、思ってても口に出さないのはお兄さんとの約束だ!(おれにとってのお兄さんの時代は終わってたや、ま、いっか)。








最寄りの近況報告へ