2010年5月
  
<5月30日>

【周りは楽しみ、ぼくは頭痛】

本来、楽しむべき(「べき」っつーのも変だな)空間に行った。
周りの人は、各々、楽しんでいた。
ぼくは、感覚がマイノリティーなのか、頭が痛くなった。
もともと楽しむ目的ではなく「楽しんで、お金を生み出す」ってアラ?…あぁ、脳内がエキサイティングした結果の頭痛(「糖分欲しぃー!!」系統)だから、楽しんでいるとも言えるのか。まぁ、充実してたし、いっか。

脳内に乳酸を溜めながら、人生経験を使って、アレやコレやと残したメモ…と、後で詳細を書き起こした用紙が、未来で経済的な利益となっても返ってくることを願ってアディオス。



  
  
<5月29日>

【能力と人格は別モノ】

「才能と人格は別モノ」だと言われる。
パッと思いつくのは、三国志時代、董卓に仕えていた、李儒だ。
現代だと、スポーツ選手が、分かり易いかと思う。最前線で活躍しているスポーツ選手にも、身体能力や競技の才能はあって、社会的な問題を起こす人はいる。つまりは、そういうことだ。


happyneetの理念「楽しく生きて、お金も生みだす」を満たすには、能力が無いより能力が足りないの方がマシだし、能力が足りないより能力が足りているの方が良い。輝くほどの才能を持っていることが理想形なんだけど、そりゃ流石にムリっぽい。

才能・能力の他に、人格がある。「人格も才能だ」って言われたら、きっと「そういう考え方もありますねぇ」と切り返すだろう。

制作を頼まれて条件分は作ったのだが、そこは「時間・労力・経験・能力」あたりの話だろう。能力と人格は別。ぼくは、誠実な人で、ありたい。

発注された依頼の外で、そういう行動をしよう、また、続けていきたい、と、思った。



  
  
<5月28日>

【ハッピーニートとリツイート】

<happyneetの概念>
『楽しく生きて、お金も生みだす』
『楽しんで、お金も生みだす』

Twitterのリツイートをモチーフにした「楽しんで、お金も生みだす仕組み」を思いついた。

気になっているのは(仕組みを使って入ってきた金銭を、どうやって、ツイートした元祖の人にも配分できるか?するか?した方が元祖ツイートの人にとって都合が良いのか?…個人でTwitterやってる人に「資本主義から離れたい気分」あるかもしれないし…)こんなところ。

「楽しんで、お金も生みだせそう」だし、おれの人生の理念・自分より上位の理念に真っ当だし、おれ個人では(ま、いっか)となる。元祖ツイートの人の気分なんだよなぁ…。



  
  
<5月27日>

【Webを通じたコミュニケーション】


Webを通じてのコミュニケーション不足(だと、ぼくが感じているの)で、受注された制作物のクオリティアップが止まっている。

(約束分はしたんだし、もう、いいんじゃねーの?)

脳内にも、良識のある友だちにも、言われた。

でも、動けば動いた分…というか「付け足し・削ぎ落とし」どちらの方向であっても、質を高めることはできそうで、でも、そこまでやると、おれの人生が擦り減らされそうで。
内輪でゴチャゴチャやってるのは、お客さんにとっては関係のない話で(だったら伸ばせる分、伸ばそう!)と思っても、打っても響かない太鼓。

(どーしよっかなぁ〜…、趣味的に切り替えて、進めとくかなぁ〜)と、こんな風に考えている時点で、既に、擦り減らされ始めているっぽくもある。



  
  
<5月25日>

【近い未来に備えて】


おそらく、近い未来、ぼくにとって、身近な人が亡くなる。今のうちから、気持ちの準備。
(心が動くということはエンターテインメントの視点も成り立つ?)と考える自分は、どこかオカシイと、やはり、思う。



  
  
<5月24日>

【この頃、気づいたこと】


「アイデアを出す・制作物を仕上げる」の意味で調子の良い時というのは、どうやら、症状が解放されている時らしい。 つまり、そういう時に、他人と直接関わると、症状が暴走する可能性が高いみたい。

体験&実感。



  
  
<5月23日>

【避難&頭痛】


引き篭もる形で避難。そして頭痛。



  
  
<5月22日>

【ひょっこりひょうたん島】


島でもひょうたんでもないんだけど、ヒョッコリと、立ち寄った。



  
  
<5月21日>

【栄養補給中】


「知識・経験・視点」な類の栄養を脳内に補給中。



  
  
<5月20日>

【ガンバッテネー!】


軽い付き合いのある幼い女の子に、背中から、

「ガンバッテネー!…ガンバッテネー!…ガンバッテネー!」

と、応援され、見送られた。



  
  
<5月19日>

【どうも、ぼくです】


新しいぼくに、なりました。



  
  
<5月18日>

【脳内、囚われの身】


夢の中でも答えを探していた。



  
  
<5月17日>

【依頼、完了】


制作を頼まれた分、依頼、完了。次の依頼に繋げるために、タイムリミットまで、クオリティのUPだな。



  
  
<5月14日>

【なんという偶然】


お互い連絡がつかないけど、コンタクトを取りたい相手に、道路の合流地点で、バッタリ出会った。



  
  
<5月13日>

【ウソにならないよう気をつけて日本語を使って欲しい】

制作の依頼を受けて、メールでやりとりしているんだけど、数日前に届いた業務連絡以降、メールがパタリと途絶えた(さらなるクオリティUPの準備してるのになぁ…。かといって、気を遣って料金以上のことをしたら、おれの人生がガシガシ削れるしなぁ…)。


1.「明日、メールします」
2.「今週中に会える時間を作ります」


なのに、
1.については連絡が無い(間違いをするのは分かる。ウソにならないよう気をつけた表現にして欲しいな)。
2.についても連絡が無い。

(断定するならやってよぉ〜)と、思う。ま、受注された制作、優・良・可の「可」のラインを越えていることは、お互い了承済みだし、充分な提供はしたし、いっか。

趣味ならいいんだけど、お金、数百人規模で動くみたいだし(あーらら、相変わらずだなぁ〜。軽く付き合う分にはいいけど、深く付き合うと、人生擦り減らされる感じのまんまなんだ)割り切って「いつでも冷静な立ち位置に戻れる」ってのを意識しとこーっと。


  
  
<5月9日>

【宝くじを貰った】

宝くじを買って、買う前より目減りした当たった分で、また宝くじを買って…を繰り返して残った1枚を、貰った。

ある種ハズレにハズレを重ねて上り詰めた感じが、イメージで、ニートと繋がって、渡されたのだと思う。

この1枚が、ドカン!と当たれば、おもろいなぁ〜…パァー!と使う予定。数千万円単位で当選したら、会社興すか。



  
  
<5月8日>

【用事が入った】

場所指定で「来るか?」と誘いがあった。
場所に行きたい…というより、人物に会いたい…よりもさらに、能力と会話したい気分が強い。

脳の中…というか、思考・イメージの中に、ベクトルの異なる、いくつも案件が存在している。ニートなのに、フシギ!

ベクトルの細やかな方向は違っても、大まかな方向は同じなので、グッド。


(おれにとって)たのしい。(おれにとって)おもしろい。


たのしい毎日、おもしろい日々。


そういう人生を送りたい。自分も身近な人も、ちょっと離れた人も、たのしくて、おもしろい日々。



  
  
<5月7日>

【長年の顔見知り】

長年、顔見知りをしている職人さんから、名前を尋ねられた。

苗字を名乗り、会話をしていたら、大学を出たことに対して「頭いいんですね」と言われた。
「学校の成績は、そこそこ良かったんですけど、ぼく、頭はわるいと思います」と答えた。
「大学を出てて、頭、いいじゃないですか」と返ってきた。
「学校の、お勉強は、そこそこできたみたいですけど、やっぱ、頭、わるいですよ、ぼく。資本主義社会で、お金をほとんど稼げていないワケですから」のように、伝えた。
「頭いいと思うんだけどなあ」
「学歴なんて社会に出たら飾りみたいなモンだと思います」

ぼくなんかより、モノを生み出して生計を成り立てている、職人のおっちゃんの方が、ずーっと、ずーっと、頭がいい。今、ちょっと、泣きそうなくらいに、おれなんか、だ。(なんなんだろうな?この感情)涙が頬からせり上がってくる、この感じ。



  
  
<5月6日>

【制作は、おもしろくて、たのしい】

今日、広い人脈を持つ長年付き合いのある人間と会った。
頼まれていたモノを、途中段階で、一度、提出した。

制作したモノをベースに、さらに制作を進めることになった。

「広い人脈を持つ」のは自閉症持ちのおれにはハードルが高い。
その代わり、能力と時間の範囲内で、モノを製作することはできる。
制作は、おもしろくて、たのしい(納期次第だけど)。


楽しく生きて、お金も生みだす。


「制作費(の一部)」を「広告費(広い人脈)として消化する」ことを提案したら、通った。
制作したモノのクオリティが、人脈のどこかに響けば、おれ個人の範囲だけど「楽しく生きて、お金も生みだす」に対する一つの結果になりそう。


人生が、ちょっと、おもしろくなってきた。


人生が、もっと、おもしろくなると、いいな。



  
  
<5月5日>

【ゴールデンウィークで季節がグワンと変わった】

気温とか湿度とか、春をすっ飛ばして梅雨、のようになった。

季節の変わり目は睡眠量が増える気がするんだけど、おそらく、増えていた。



  
  
<5月4日>

【片頭痛!?】

右目奥の上側がグワイングワインとギリギリする。痛い…鈍痛に近い。いろいろ取り組みたいのだが、鈍痛抱えてだと、どこかしら、ムリヤリ感が出て、活動を控える。ムリに活動したら反動で止めちゃうことがあるのを経験で知ってるし、ベターな方、ベターな方を選んでいきたい。「どっちも好ましくない」にしても「よりマシな方」を選んでいきたい。そんな日。



  
  
<5月3日>

【Twitter】

主にTwitterに関わってた日。1000ツイート目、到達。



  
  
<5月2日>

【連勝記録更新】

某所で取り上げられるかどうかの連勝記録、更新(いやっほぅ)。








最寄りの近況報告へ