2011年6月
  
<6月16日>

【バスの視点を変えてみよう】

今までは「洗車」ってイメージで体を洗っていたけど、15分くらいでできる「娯楽」とも言えることに気がついた。スッキリするし。あ、車のバスじゃなくて、お風呂のバス。bathの方。入浴無しのシャワーの方。



  
  
<6月15日>

【アリアハンで途方に暮れる勇者たち】



はぐれメタルを3匹倒してもレベル2にならない経験値設定。




  
  
<6月14日>

【ワードプレスと私(第五回)】

頭が痛い。頭が痛いよ。

やることは、ワードプレスの導入。

今、時間を使っているのは、サーバって何?MySQLって何?PHPって何?BASICやC言語やHTML言語とは、また違った言語との出会い(何コレ?何この言語?コワイ)、とか、そういうの。ワードプレスよ、どこ行った?な状態。

レンタルサーバー次第では、ワードプレスの導入手順やら簡単インストールやら、イラスト付きで懇切丁寧に描かれていて(おやおやカンタンですな)と思えるのだけど、ワードプレスの導入先として頼まれたサーバは、何というか…玄人好みな仕様。

「ワードプレス導入、サポート体制万全!」なレンタルサーバーを学校で受けたテストの穴埋め問題だとすれば、今、向かい合っているレンタルサーバは「1+1=2であることを証明しなさい。」という問題文だけがあって、以下白紙…みたいな状態。ハードル高すぎるよ!「サーバの知識なんて元からサッパリありません!」なおれにはキツすぎるよ!ServersMan!!

何なんだよ!マジ何なんだよ!?MySQLって!!?VPSってさぁぁぁっ!!?

ワードプレスのインストール手順で出てくる単語の半分以上が分からないって…何なんだよ!!何なんだよ、これっ!!

おれ、このワードプレスの導入を乗り越えたら、オプション効果で、サーバやコンピュータ言語のスキルが上がってると思うんだ(はぃ!フラグ立ちましたぁー!!)。乗り越えられるかどうか分かんねぇけど。

分からん!分からん!逃げ出してぇ!!

その反面、今やっていることが、低レベルというか…マッッッゾい制限をかけてゲームをプレイする感覚と似ているので、ハマれば、マジでドツボにハマりそう(エンドレスでいろんなことを覚えていく感じ)。

えーっと、ここまでの話…というか第五回を要約すると「ワードプレス導入に、もがき苦しんでいる」ということで(さー、続けて、もがくぞ!もがき続けるぞ!!うわぁーん!!)。



  
  
<6月13日>

【ポッと出で作った格言みたいなもの】

上からでもなく、下からでもなく、横から応援してくれる人を大事にしなさい。

上からの人は、あなたを見下ろすことで安堵し、下からの人は、あなたに妬みを抱えていることでしょう。

その点、横からの人は、身分や立場に関係なく、ずっと、あなたを応援してくれます。



  
  
<6月7日>

【「車輪の再生産」に必要なもの】

先月末「車輪の再生産」というコンテンツを作りたいと思っていることを、この近況報告で伝えた。

我ながらコンセプトがしっかりしてて方向性も見えているので、作ろうと思えば、即作れるし、数ヶ月に一度程度の更新で続けられそうだとも思っているのだけど、(こうした方がいい。あーした方がもっと)などと、ぼんやりとしたイメージがあるので、停まっているところ。

で、停まっているより書き出した方がマシだな、と思ったので、ここに書き出す。


「車輪の再生産」に必要なもの。

・車輪に当たるもの:これはWeb上にあるから解決。
・仕組み(更新媒体):新たにブログを作るか、それとも、ドメインの中に作るか。ドメインの中に作るとしたら、ワードプレスを活用するか。ワードプレスを活用するとしたら、ワードプレスを習得するか。ワードプレスを習得するとしたら…あ、ここだ。
・心残り:現在進行形、途中にある活動(ブログとか)をキッチリ完結させて取り組むべきか。並列作業でもいいんだけど、並列作業とおれとの相性は、よろしくないらしいし…あ、ここもだ。
・更新時のフォーマット:どういうフォーマット(パターン)にするか。「0」「1」人間の特徴を持っているおれにとってフォーマットというかパターンというかパッケージというか「決まりごと」があると諸々の負担が少なくなる。


まぁ、こんなところだろう。「とりあえず走り出してみる」というのも手だけど「新たに心に気になる案件が一つ増えることに対する心的負担が人の数倍以上」という特徴があるので(物理量で変換すると「5kgの物を抱えて移動する」が「20kgの物を抱えて移動する」くらいに跳ね上がる。数倍以上って、結構、大変)、多くの人と同じような軽い気持ちで走り出すことってことは、ストッパーが加わる感じで、キビシイ。

「とりあえず走り出す」のに必要な条件は、ある程度見つかった、というか分かったので、課題が具体化されたので、具体化される前までより、負担が軽くなった。

自分のことだし、大事な自分のことだけど、大事な自分のことなだけに、気楽に向き合っていこうと思う。気楽でいることは、おれにとって、実は、自分を大事することに繋がるから。気楽に「車輪の再生産」をしたいものだ。



  
  
<6月2日>

【イメージを形に】

頭の中にあるイメージを形にしてアウトプットしたい、という思いがある。物理空間でも、Web空間でも。

問題は…というか、問題の一つは、取り掛かる前に(あーでもない、こーでもない。こうするとあーなって…)と脳内でシミュレーションをし、イメージ内での障壁を取り払えるまでシミュレーションを繰り返す、というようなクセ(なのか?)があるため、行動に移すまでに(一般に比べて)多大なコストを支払う必要があるということだ。結果、取り掛かりが遅くなる。

ただ、頭の中に(こうなったら、いいな)のような、ぼんやりとしてだが、ゴールイメージはあり、ゴールに辿り着くまでの労力(コスト)の膨大さも付随して、ある程度ぼんやりと見えるので、その点は、イメージを形にする際に利点と言えなくもない。

で、ゴールまでのコストが膨大だと、やる気が削がれたり、また、続かなかったりする可能性がそれなりにあるため「やることを分解して無理のないボリュームに分散する」必要も、ぼくの場合、ある。答え(ゴール)に辿り着くの過程に様々な細切れな要素を駆使する高校数学のような感じだ。

と、いうわけで、何が言いたいかというと「イメージを形にしたい」ということ。

とりあえず、今、「自分にできる」とパッと思いつくことに、ちょっとした片づけがあるので、数分〜十数分ほど、片付けに取り組む。なので、サラバだ!サラダバー!!








最寄りの近況報告へ